「相続時代にどう備えるか」 ~負の遺産には相続放棄~

「亡くなった親の借金がどのくらいあるのか分からない。」相続財産には「負の遺産」、つまり借金も含まれます。資産以上に負債を背負うリスクを避けるには、3か月以内に「相続放棄」を選択する必要があります。
遺産と同時に、負債も引き継がなくて済みます。亡くなった方の住所を管轄する家庭裁判所に戸籍などの必要書類を提出すれば手続できます。また、郵送でも手続きはできます。ただし、相続放棄をすると原則は撤回できなくなりますが、相続によって得た財産の範囲内で負債を受け継ぐ「限定承認」という選択肢もあります。結果的に資産が負債を上回れば相続財産が残りますし、少なくとも相続によって損をしないように予防できる制度です。

ブログ・よくいただくご質問

  1. 「相続時代にどう備えるか」 ~負の遺産には相続放棄~
  2. 「相続時代にどう備えるか」 ~配偶者の権利~
  3. 「相続時代にどう備えるか」 ~遺言は家族へのおもいやり~
  4. 【質問】自分自身で入国管理局へ申請の手続きをする場合と、行政書士へ依頼する場合との違いは何でしょうか?

    在留資格(ビザ)を得るための手続きはとても複雑かつ難解です。

PAGE TOP