「相続時代にどう備えるか」 ~遺言は家族へのおもいやり~

両親が残した土地、建物などの財産は、全部妹家族に譲ったから大丈夫。
自分は何不自由なく大学まで出してもらったから、妹家族には両親の世話までしてもらったからと、このように丸く収まる相続は、レアケースかもしれません。残された子ども同士、または配偶者と子どもが遺産を巡って争う事態になったらと思うと・・・。
遺言を残すことは家族への思いやりを示すことなのだと思います。

ブログ・よくいただくご質問

  1. 「相続時代にどう備えるか」 ~負の遺産には相続放棄~
  2. 「相続時代にどう備えるか」 ~配偶者の権利~
  3. 「相続時代にどう備えるか」 ~遺言は家族へのおもいやり~
  4. 【質問】自分自身で入国管理局へ申請の手続きをする場合と、行政書士へ依頼する場合との違いは何でしょうか?

    在留資格(ビザ)を得るための手続きはとても複雑かつ難解です。

PAGE TOP