「相続時代にどう備えるか」 ~配偶者の権利~

夫が亡くなった後、義父の介護を続けていた嫁がそれに見合った費用を相続人に請求できるようになりました。これが「特別寄与料」です。
相続人でない嫁のケースでは従来はこうした仕組みはありませんでした。ちょっと注目すべきところですが、いざ実際に請求となると相手側は義理の親族という事になり、なんとなくぎくしゃくしますよね。介護記録など証拠となる書類も多く必要で、金額もプロの介護事業者が得る報酬額の一定分しか請求できないそうです。活用を考える時は、家族と自分が置かれている環境など、また遺産がどのくらいあるのかなど、十分に検討する必要がありそうですね。

ブログ・よくいただくご質問

  1. 「相続時代にどう備えるか」 ~負の遺産には相続放棄~
  2. 「相続時代にどう備えるか」 ~配偶者の権利~
  3. 「相続時代にどう備えるか」 ~遺言は家族へのおもいやり~
  4. 【質問】自分自身で入国管理局へ申請の手続きをする場合と、行政書士へ依頼する場合との違いは何でしょうか?

    在留資格(ビザ)を得るための手続きはとても複雑かつ難解です。

PAGE TOP